すね

すねとは、牛の前脚と後ろ足のひざ上のお肉のことで、濃い赤身肉です。

すねは、スジが多くて固めの肉質であることから、焼肉のメニューに利用されることはありません。

すねは、弱火で煮込むと独特の旨味が溶けだすことから、煮込み料理やスープの材料として最適です。

煮込み料理やスープによく使うすねは、前脚のすねを前すね、後脚のすねを友すねとわけて呼ぶことがあります。

前すねは、脂肪分がすくなく、腱や筋膜がたくさんあることから、ブイヨンをとるのには最高の部位と言われています。

すね肉は、その名の通り、前足と後ろ足にあるすねの部分を指し、スジが多くて硬い部位なのですが、肉の味は濃厚でとてもおいしいです。

すね肉で作るひき肉などは、まさに最高級と言って良く、コラーゲンもたくさん含んでいるので、女性におすすめです。

一頭から取れるすねの重量は、約20 kg ということで、稀少度は低いです。

すね肉は、大きな牛の足の部分で、とてもスジが多く入る所ですが、肉の味は良く、適度な霜降りの入ったスジと、

霜降り肉の融合が抜群です。煮込むと、スジから溢れ出るゼラチン質が肌に良く、贅沢なビーフシチューができます。