三角バラ

三角バラとは、肩バラの一部のお肉で、第1~第6肋骨までのバラ肉部分を三角形に切った形であることから、

この名が付けられました。三角バラは、サシが入りやすく、バラの中でも最も濃厚でおいしい部分と言われていて、

特上カルビとしてよく使用されます。稀少度も高く、一頭から取れる重量は 約9 kgと少ないです。

1頭から2枚しか取れないとても希少な部位で、焼肉屋では、一番人気が高く、旨い部分でもあります。

贅沢な焼肉を食べたい時には、欠かせない部位で、最適のお肉と言えます。

三角バラは、前バラの中に含まれる部位で、サシが入りやすいことから、極上カルビとして使用されることが多く、

バラの中の王様という位置付けにあります。とにかく極上のお肉で、霜降りでやわらかい部位なので、1度食べるとやみつきになります。

三角バラは、とてもジューシーで美味しいのですが、ガツガツと食べられるお肉ではありません。

大体、1人前150~200gがおすすめです。三角バラの特徴は、なんと言ってもその霜降りにあり、

主に特撰カルビ、霜降りカルビ、牛トロなどに使用されます。