サーロイン

サーロインとは、リブロースとももの間の部位のお肉で、赤身と脂身の調和がとれた部位です。

きめ細かい肉質であることから、柔らかく食べやすく、上品な味です。

イギリス国王があまりのおいしさから、英語のloinにsirの称号を付したことから、その名がついたと 言われています。

肉質が実にキメ細やかで、サシの入り方も適度でやわらかです。

コク深い風味が味わえるお肉で、サーロインは、牛肉の最高部位のひとつとして君臨しています。

一般的には、ステーキとしてよく食べられますが、厚切りの焼肉としても美味しく頂けます。

サーロインは、リブロースに続く背中の部位であり、ステーキ用として有名な部位です。

肉質はきめ細かで最高で、やわらかくて霜降りが多いのが特徴になります。

肉そのものの美味しさを味わうのに最高で、ステーキの他、

しゃぶしゃぶ、すき焼き、厚切りの焼き肉、ローストビーフなどにも適しています。

ただ、基本的には、焼肉屋さんではあまり見かけず、ステーキ肉としてよく聞きます。

サーロインとフィレ部分を、骨をはさんで一枚のステーキとして焼いたモノがTボーンステーキで、パーティなどによく登場します。