リブロース

リブロースとは、背中のお肉のロースの中で、肩側と腰側とに分類した際の腰側のお肉を指します。

その名は、英語のribである、肋骨、あばらから来ていて、ロースの中であばら部のお肉になります。

牛肉の背中の部分で、サーロインより前寄りの部位になり、霜降りになりやすく、きめ細かくて柔らかいのが特徴です。

スジが少ないので、ヒレやサーロインとともに最高級の牛肉と評価されていて、ステーキやローストビーフなどによく用いられます。

リブロースは、最も厚みのあるロース部分で、霜降りになりやすい部位であり、きめが細かくて肉質は非常に良いです。

適度な脂肪分を含んでいて旨味があり、肉質もきめ細やかで肉の風味はトップクラスです。

肉そのものを味わう料理に最適のお肉で、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ローストビーフなどによく合います。

リブロースは、赤身とサシのバランスがよく、キメ細やかで見た目も非常に美しいです。

牛肉の中でも、最も美味な部位の一つと数えられていて、ロースの中では最も厚みがあります。

大きなカットでステーキとして食べても、美味しく頂けます。