ランプ

ランプとは、牛のもも肉の特に柔らかい部分を指し、ステーキ肉としてよく使われています。

ロースなどと比べてサシが入りにくい部位ですが、肉質自体がとても柔らかく、肉汁も豊富なので人気があります。

焼肉メニューとしては、上質なお肉なのでユッケによく使用されていますが、

やわらかい赤身肉で味に深みがある部位であることから、たたき、ステーキ、ローストビーフ、

すきやき、しゃぶしゃぶなど、様々な料理に利用されています。

ランプは、牛の腰からおケツにかけての部分のモモの一部であり、多少の霜降りはあるものの、赤身で脂分は少なめになっています。

とかにく、柔らかくて上品なお肉ということで、ステーキとして特に珍重されています。

もも最上部にあたるサーロイン後方の腰部分のお肉がランプで、広い意味では、

ランプの下側を切り出した残りの部分をそう呼んでいます。

とても柔らかい食感なので、モモの中でも最も高い評価を受けています。

ランプは肉の中央に筋があるので、イチボのほうが柔らかく感じますが、

それでも切った時の気持ちよさはランプのほうが強くてしっかりしています。