カイノミ

カイノミとは、ナカバラの一部でヒレに近い部位を指し、切り出した姿が貝の身に似ていることから、

この名が付けられました。適度なサシが入っているものの、ヒレに近い部位であることから、

肉質は非常に柔らかく、あっさりとした味わいを楽しむことができます。

どちらかというと、赤身肉が好きで、霜降り肉の柔らかさを求める人向けのお肉と言っていいでしょう。

とにかく、ジューシーな味わいを楽しむことができるお肉で、左右でひとかたまりずつしか取れないこともあり、

稀少な部位として人気があります。カイノミは稀少度が高く、一頭から取れる重量は約4,5 kgと非常に少ないです。

好んで食べる人が多く、喉越しが良く、肉の旨みをじっくり堪能することができます。

カイノミは、4~5切れを生で食べた後、少し赤身が残るぐらいに焼きあげると、とても美味しく頂けます。

赤身でサシが入りやすい部位になりますが、ロース系とはまた違った味わいがあります。

赤身肉特有の歯ごたえがありながら、サクサクとした柔らかさが味わえ、くどさがなく、胃もたれを感じさせません。